高校教師、辞めました。

教育現場の裏側や問題点、とにかくいろいろなことを語ります。

教師→エンジニアへ 転職成功なるか?

f:id:master_asia_1969:20190917220539p:plain

こんにちは、masaです。

 

本日、IT企業へ転職活動の一つとして面接を受けてきました。

教師を退職し、新たな生き方への第一歩を踏み出しています。

 

今回は簡単にそのレポート、そして今後について記していきます。

 

応募先の企業で面接

f:id:master_asia_1969:20190917220619p:plain

ということで、転職活動の第一歩であるIT企業での面接を終えました。

面接の内容は

  • 会社についての概略
  • 仕事内容
  • これからの展望について

でした。

 

私が面接に訪れた会社は設立間もない企業で、規模もまだ小さい会社でしたが、ITにかける情熱が伝わってきました。

 

エンジニアであっても様々な仕事があって、

など、どんな仕事内容なのかもよくわからないものもたくさんあります。

 

私の勉強している「Web系」の仕事も含まれますが、エンジニア職はもっと幅広い部分を扱うことになるようです。

 

未経験からの挑戦

f:id:master_asia_1969:20190917220706p:plain

私は教師という仕事から新たにエンジニアへの仕事にチャレンジします。もちろん、経験などは一切ない分野なので、まだわからないことばかり。

 

しかし、エンジニア職は経験を積めば、スキルを活用して新たな場所へと活動場所を変えることもできますし、

 

働き方にも制限をなくすことが可能です。

 

たとえば、「完全リモート」や「完全在宅」、あるいは海外での仕事受注などですかね。

 

 

だれしも、エンジニアの経験が0の状況からスキルアップし、知識と経験を蓄えていくことになります。

 

私も、スキル0。経験値の状態からエンジニア職へ転職できるでしょうか。

 

IT分野はこれから成長し続ける

IT分野の仕事は、これからどんどんと成長していくことでしょう。

日本は慢性的にエンジニア不足と言われています。

 

小学校でもプログラミングの授業が導入されるほど、この分野は人材が必要とされつつあるようです。

 

エンジニアであれば、年収なども他の業界と比べて非常に高くなる傾向にあります。

 

経験を積めば、年収1000万円も狙えるそうです。

 

しかし私は、年収や収入には関心ありません。

 

関心があるのはいかに効率よく収入を上げられるか。これに尽きます。

 

毎日鬼のように働いて、休みがなく、年収1000万円得たところで、疲労感がたまるだけです。

 

それよりも、現在の半分かそれくらいの負担感で、年収300万円くらい稼げれば、幸せですね。

 

とりあえず、働く時間は最小限に抑えたいという欲があります。

 

 

だから、IT業界に挑戦しようと考えたのです。

 

 

まとめ 教師からIT業界へ進出することができるか

 

f:id:master_asia_1969:20190917220808p:plain

ということで、転職活動の第一歩を終えました。

 

このブログを始めた当初は、教師を退職し、ブログやプログラミングを通していわゆる「フリーランス」を目指していました。

 

しかし、「フリーランス」は実績が問われるケースがほとんどです。企業側からすれば、「実績あり」の信頼がおけるフリーランスに仕事を任せたほうが、高品質の品を受注できるので当たり前です。

 

 

なので、私は以下のような順番で人生設計しています。

 

  1. 教師を退職し、独学でプログラミングスキルを身に着ける
  2. 学んだスキルを活かし、実務経験を積む(IT企業へ就職)
  3. 数年修行&スキルアップ
  4. その後独立、フリーランス

 

こんな感じです。

 

そのための第一歩、「IT企業へ就職」なるでしょうか。順次このブログでお伝えしていければと思っています。