高校教師、辞めました。

教育現場の裏側や問題点、とにかくいろいろなことを語ります。

だれでも正しい勉強法で東大に合格できる! 「地頭のいい人間」は存在しない!

f:id:master_asia_1969:20190901221214j:plain

こんにちは、masaです。

 

8月も終わり、いよいよ9月。1年も早いものですね。

今回は以下のような記事のご紹介です。

president.jp

偏差値29から自宅浪人で東大に合格した、杉山奈津子さんの記事が、勉強の本質をついていて非常に興味深い。

 

  • 努力によって成績は伸ばせる 初めから地頭のいい人間はいない
  • 要領よく学習を進める方法

 

が紹介されていて、非常に勉強になります。

 

努力で結果を出すことは可能で、そのためには「時間対効果が高い方法」を取ることが重要だといいます。

 

「質×時間」で、いかに効率よく、楽をして結果を得るかを常に考えながら勉強する。

だらだらと時間をかけて、ノートをきれいにまとめるといった「作業」にならないように勉強を工夫することが大切です。

 

キーワードは「工夫」。

 

勉強法に唯一正しい絶対的な方法はなく、自分で勉強法を考え、頭に記憶し、理解させ、自分だけで答えを導き出せるような「工夫」をする。

 

これだけで、勉強は何倍にも自分のものになりますし、学力がどんどん向上していきます。勉強は、勉強した内容が自分のものになるように「工夫」することこそが一番の近道です。

 

www.mathematica-teach.com

 

紹介した記事の中で「チラポイ記憶法」という方法が紹介されていましたが、これは非常に効率の良い記憶法です。私も、教師をしていたころ「英単語」の覚え方などを調べていた際、この方法と同じようなものを紹介していました。

 

これを継続的に行うのは根気のいることですが、それでも効率の良い勉強の「工夫」なので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

私も、この方法で記憶力を高めてみたい。