高校教師、辞めました。

教育現場の裏側や問題点、とにかくいろいろなことを語ります。

相次ぐ学校教育スキャンダルに怒り心頭

久々に、怒っています。

 

怒り心頭。

 

というより、呆れて言葉にするのも嫌なくらいです。

 

その怒りの原因は、こちら。

netallica.yahoo.co.jp

アホか!教員失格。こんな人を、児童の前に立たせるわけにはいきません。

 

 

しかも、本日付でニュースになった記事は、これだけではありません。

 

こんなニュースも↓

www.saitama-np.co.jp

 

 

もう、どうかしている。 

正直、言葉にするのにもためらわざるを得ない、低俗な教育ニュースばかり…

 

あなたたちは、何のために教育業界に入ったのか?

 

その真意を聞いてみたい。

 

それでもあなたは、教師ですか?

 

 

日本の教育は、すでにオワコン

f:id:master_asia_1969:20190719213846j:plain

さて、気持ちを抑えていきます。

このようなニュースが毎日流れる日本の教育界は、すでにオワコンだと思っています。

  • 度重なる教員の不祥事
  • 生徒を混乱させる入試制度改革
  • 時代遅れの多人数一斉指導
  • 部活動による生徒と教員の不要な縛り

そのほかにも挙げればきりがないくらい、問題が多発しています。

 

現場の先生はまじめに頑張って、教育に力を入れています。

しかし、まじめな先生ほど、教育現場の矛盾に疲弊し、離れ去っていく。

 

のらりくらりと、ラクすることを考える先生ほど、現場にずっと残っていく現状です(この辺りは、あくまで私の主観です。もちろん、長年の間しっかりと教育と向き合っている先生方も多い)

 

こうなると、先生たちのモチベーションは上がらず、時代の流れに合わない教育を続けていく結果、生徒たちは多くの被害を受ける結果になります。

 

 

学校教育に流されずに、個の力で人生を切り開く時代に

f:id:master_asia_1969:20190719213759j:plain

これからの時代、学校という組織に頼らず、この力で人生を切り開く時代になるはずです。

  • 勉強の本質は、自学自習です
  • 勉強するための教材は、インターネットや本で得られます
  • 必要なスキルは、個々の人々の状況によって変わります

誰かに教えてもらってばかりの教育では、いつまでたっても自分の技能として身に付きません。

 

学校の教育に人生を決定づけられるのではなく、自分でスキルを磨いて生き方を模索していくべき時です。

 

そのための具体的な方法。

  • 参考書を用いて、自学自習
  • ネット動画を利用して、自学自習
  • たまに、先生や友達に相談

ただ漠然と、授業を聞いて理解するだけの勉強から、脱却すべき。

 

そして、受験勉強にとらわれず、自分にとって必要な知識を、自分自身で学ぶことのできる力を身に着けるべきです。

 

 

 

ということで、今回は以上となります。

 

まとまらない内容となりましたが、今回は本当に、教育業界の崩壊を思わせるような不祥事を目の当たりにしました。

 

現在の教育に、怒り心頭です。