高校教師、辞めました。

教育現場の裏側や問題点、とにかくいろいろなことを語ります。

プログラミング初心者のための独学勉強法

こんにちは。masaです。

 

教職員を退職し、現在はブログ毎日更新やプログラミング学習に励んでいます。

 

今回は、私がプログラミングを勉強し始めたときの、独学の教材と使い方、勉強法についてまとめてみます。

 

と言っても、私も現在のところプログラミングで独学中のみですので、あくまで初心者目線ということでお願いします(笑)

 

 

 

まず始めはProgateでオンライン学習がおすすめ

f:id:master_asia_1969:20190627165744p:plain

プログラミング初心者におすすめは、何といっても「Progate」です。

Progate | プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate[プロゲート]

 

プログラミングの環境がなくても、スライドを見ながら、実際に手を動かしてオンライン上で楽しく学ぶことができます。

 

初めはHTML/CSSから学び始めることをお勧めします。基本は無料からスタートでき、有料版へと進んでも月額980円からと、かなりコスパの良い教材です。

 

徐々に慣れてきたら、

などを勉強してみるとよいでしょう。

 

勉強を進めていくと、だんだん難しくなったり、一度で理解できない部分が出てくることがあります。そんなときは、いったん学習を進めていき、再度これまで勉強したところをおさらいしてみるとよいでしょう。

 

すると、1度つまずいたところも理解できるようになり、知識も深まります。Progateは、初心者に最もおすすめのプログラミング教材です。

 

「ドットインストール」でパソコン上での実装を学ぼう

 

次におすすめなのが、動画教材の「ドットインストール」。

https://dotinstall.com

 

こちらも基本無料で利用できますが、有料版だと月額980円と、コスパよし。

そして、Progateとは違い、実際にパソコンに環境を設定して実装することが学べるので、実務により近いクオリティとなっています。

 

個人的に、Progateで学習を進めた後でないと、動画で解説されている内容が理解できない部分もあったりするので、やはりProgate後に学習するのがいいのかなと思います。

 

  • Bootstrap入門
  • ローカル開発環境の構築
  • UNIXコマンド入門
  • PHP入門

 

などは、ぜひともドットインストールで勉強しておきたいところですね。特に、ローカル開発環境を構築すると、PHPを自分のパソコン内で実装することができるようになります。今後サーバーを動かしたりする際に、この辺りで勉強した知識は活かせるようになるでしょう。

 

「東京フリーランス」の手順でエンジニアを目指す

f:id:master_asia_1969:20190627173027j:plain

そして、私が現在勉強しているのが「東京フリーランス」。

フリーランスの羅針盤となるメディアサイト │ 東京フリーランス

 

こちらは、フリーランスになるための学習手順を「30DAYSトライアル」で無料公開している、優れた学習教材です。

 

最短ルートでエンジニアとしてのスキルを手に入れるための手順が示されているので、この順番に沿って学習していけば、かなり効率よくプログラミングスキルを手に入れることができるでしょう。

  • 手順に沿って、30日トライアルに挑戦
  • 学習が遅れてしまっても、焦らず継続
  • 途中で止まってしまったなら、いったん先に進むのもあり

結構、「30DAYSトライアル」はハードです💦

筆者も、「LP制作」で苦戦していたりして、なかなか前に進みません。

 

そんな時は、いったん前倒しで進めてしまってもいいのかなと思います。でも、なるべくなら手順に沿った学習を終わらせることが望ましいです。

 

さあ、プログラミングを学ぼう!

f:id:master_asia_1969:20190627173357j:plain

ということで、初心者がプログラミングを学習する方法について、簡単にご紹介しました。

 

プログラミングの知識や技術は、社会において急速に求められている知識です。日本の教育でも、プログラミング必修化の流れになっていて、エンジニアの数が圧倒的に足りていないようです。

 

しかし、学校教育に頼ることなく、自宅で気軽に、独学で学習できる環境が整ってきています。意欲さえあれば、今すぐにでも始めることができるのです。

 

私も、エンジニアとして活動できるように日々努力あるのみ!

皆さんも、プログラミングを始めてみてはいかがでしょうか。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!