高校教師、辞めました。

教育現場の裏側や問題点、とにかくいろいろなことを語ります。

「1日1食」生活を続けたら、健康診断結果がかなりの…

こんにちは。masaです。

 

本日も当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。毎日ブログ更新を継続しています。この記事を書いている今日は、時間があまり残されていなかったので、ゆるーく執筆していきたいと思っています。

 

今回は「健康診断」について。

 

筆者は、昨年8月から「1日1食」生活を続けています。

それについて簡単に記した記事がこちら↓

 

www.mathematica-teach.com

 

そして、「1日1食」生活後の、初の健康診断結果が届きました。結果は…

 

1日1食生活の内訳は

f:id:master_asia_1969:20190613232300p:plain

さて、「1日1食」生活の内訳は、次のようになります。

  • 朝食は完全に抜く
  • 昼食は軽食(ナッツや根菜類など)
  • 夕食はがっつり食べる

ポイントは、朝食は全く食べないということです。

このことで、いろいろなメリットがありました。

 

  • 朝の忙しい時間に、食事を準備する必要がない
  • 朝から頭がスッキリとしている(眠気がない)
  • 夕食に食事代を当てることができる

 

こんな感じ。そして、昼食は軽食なので、

  • 昼の眠気がない(昼食休憩が必要ない)
  • 昼の間、ずっと作業や仕事が続けられる

というメリットもあります。

 

この食事法はプチ断食(リーンゲインズ)と呼ばれるもので、食事しない時間を成人男性なら16時間、成人女性なら14時間程度空ける方法です。

 

ちなみに、未成人や子供の場合、この食事法は適切でないので、あくまでも成人向けの食事法です。自分の体に合っているかどうか、見極める必要があります。

 

健康診断の結果

f:id:master_asia_1969:20190613232013p:plain

そして、「1日1食」後の初の健康診断結果、以下のようなものとなりました。

  • 血圧 A
  • 脂質 A
  • 代謝 A
  • 尿酸 A
  • 肝機能等 A
  • 腎機能 A
  • 貧血 A
  • 血液一般 A

ということで、血液検査からわかる項目は、すべてAという結果に。

 

正直、これには驚いていて、内心

「どこか引っかかるかなぁ」

とドキドキしていたのですが、まったく問題なしだったので安心。

 

ただ、一つだけ

  • 診察等 C

という結果もありました。

 

プチ断食していても、体重があまり減っていないのです…

 

脂肪はだいぶ減ってきていることは実感しているのですが、同時に筋肉もついてきて、±0という感じ。

 

「体重減らしたいな…」と思うのですが、結構体は軽く感じているので、無理して減量するつもりはありません。

 

 

ということで、「1日1食」をこれからも続けていきます。

もう、この食事法をしてしまうと、「1日3食」には戻れません。

 

皆様も、健康第一でいきましょう!(1日1食については、またどこかで記事にします)

ということで、今回はこれくらいにしたいと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!