高校教師、辞めました。

教育現場の裏側や問題点、とにかくいろいろなことを語ります。

ブログで「飯を食う」 大半の人が夢見て、あきらめてきた道

こんにちは。masaです。

 

4月1日は新元号が発表される日とあって、日本中が注目していましたね。

「平成」から「令和」。

 

正直どうでもいいし、こんなことに注目する意味が分からない。

元号」が変わることによって、これまでの書類やデータ、その他商品などすべてを入れ替えなければならなくなって、コストがかかり、無駄な時間が生まれるのは確実ですね。

 

そんな時間と労力があれば、勉強と自己投資をするべきで、常に「世の流れ」に背を向けるべきであると、改めて確信を得た1日でした。

 

さて、今回は次のようなツイートに注目しました。

 

 

 

今回はこのツイートに注目しつつ、「ブログで飯を食う」ために必要なマインドについてまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

何かに挑戦すると、必ず失敗する

f:id:master_asia_1969:20190401213441j:plain

まずは、現在はブログで月収数百万円の収益を得ているマナブさんのツイートから。

 

「何かに挑戦すると、必ず失敗します。」

 

現在ブログでかなり稼いでいるマナブさんも、最初の数年は稼げず、苦労していた過去があったようです。

 

しかし、それでもブログを更新し続け、現在では700日以上ブログを毎日更新するようになって、ここまで来るようになったのです。

 

  • 稼げないから、ブログを辞める。
  • 続けられないから、ブログを辞める。

 

そうではなくて、

  • 原因を考えて、次を改善する
  • 続けられるように工夫をする
  • これを繰り返す

こんな点を学ぶことができました。

 

今は儲からないとしても、やるべきだと思う仕事をする

f:id:master_asia_1969:20190401214352j:plain

次に、こちらもブログで稼いでいるイケハヤさんのツイートです。

 

やるべきことは、
「今はまだ儲からないとしても、心の底からこれは自分がやるべきだと思える仕事」です。

 

ブログやアフィリエイトで即利益を残すようになるのは基本的に無理で、

イケハヤさんもブログで稼げるようになるまで数年はかかったそうです。

 

今ではブログ記事を何千と蓄積されていった結果、収益につながっているので、

  • あきらめずに続けること
  • 確信したら、突っ走る

この点をイケハヤさんのつぶやきから学びました。

 

ブログで飯を食うためには

f:id:master_asia_1969:20190401215731p:plain

ブログで飯を食う。ほんとにそんなことは可能なのかと現時点では思うのですが、筆者は現在この本を読書しています。

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

新品価格
¥1,728から
(2019/4/1 21:52時点)

この本は、勤めていた会社を退職し、妻と子供を抱えながらも、ブログで成功することを夢見て奮闘した筆者の体験から始まります。

 

ブログで「すぐに」「簡単に」稼げるようにはならないこと、でも「ブログで飯を食う」ために必要なマインドを解説しています。

 

また、この本も読み、役立ちました。

アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79

新品価格
¥1,706から
(2019/4/1 21:59時点)

著者は元OLの方で、「ダイエット」記事を中心にブログを執筆。

 

ブログを読む方の気持ちを考え、悩みを解決することがブログ成功への道であると教えられました。具体的なブログデザインやテーマの決め方など、詳しく書かれた1冊です。

 

このような本とともに、YouTubeなどでも情報発信している人が多い中、ブログで稼ぐことは決して無理ではないと確信しています。

 

ですので、筆者も焦らず、コツコツとブログ執筆を続けていくつもりです。

 

まとめ

 

f:id:master_asia_1969:20190401220411p:plain

 今回の記事のまとめです。

  •  ブログで今すぐ稼ぐようになるのは不可能 長期的には可能
  • あきらめずにコツコツと続けることが最短経路
  • ブログに確信を持ったら、突っ走るのみ

情報が手に入りやすくなった現代、このようにブログについて発信している方たちに出会ったおかげで、これまで考えたことのなかった世界に足を踏み入れることができています。

 

いつまでも、古い伝統に縛られた働き方や考え方にとらわれたくないのです。

 

時間はかかるかもしれませんが、これからも勉強し続けて自らの可能性を高めていきたいと思っています。

 

人生勉強あるのみ!筆者はそう考えています。