現役数学教師からの華麗なる転身ブログ

教師からフリーランスへ。教育についても熱い思いを記します

【真実】石橋を叩いて渡るのはもうやめよう 失敗を恐れず挑戦 

こんにちは。masaです。

 

勤め先の学校で、在校生の修了式が行われました。

大勢の生徒や職員が見守る中、多少緊張しましたが、何とか伝えようと思っていたことは言えました。

 

今回はそのあたりをまとめつつ、今後のことについて少しまとめていきたいと思います。

在校生にはこんなことを伝えました

f:id:master_asia_1969:20190319212031p:plain

在校生へ伝えたメッセージは、次のような内容です。

  • 人を大きく変化させるものは、「挫折」
  • 挫折するためには、人生を賭けた大きなチャレンジが必要
  • 失敗を恐れずチャレンジしよう

一つずつまとめていきます。

人生を大きく変化させるものは、「挫折」

ある国語辞典によると、挫折とは、

意気込んで行っている仕事や計画などが途中でだめになること、また特に、そのために仕事をする気力を失うこと

と書かれていました。

 

人生を揺るがすほどの挫折を経験すると、人は強くなる。

 

筆者はそのように感じています。

 

挫折するには、人生を賭けた大きなチャレンジが必要

f:id:master_asia_1969:20190319213041j:plain

挫折を経験するには、人生を賭けたチャレンジが必要で、

 

ある意味で、「挫折の味わいは、人生を賭けた挑戦をした者にのみ訪れる」と言えます。

 

挫折を味わえるようなことに挑戦できることは、人生の中でなかなかないわけで、そこにどれだけ本気でトライできるか。

 

それが受験なのか、スポーツなのか、はたまたビジネスなのかは人それぞれです。

 

在校生には、

  • 挫折すると、失敗を恐れなくなる
  • 挫折すると、他の人にやさしくなれる
  • 挫折すると、自分は大したことない、と謙虚になれる

と伝えました。

 

失敗を恐れずチャレンジしよう

多くの人にとって(筆者自身も含まれますが)、失敗することに恐れを抱いてしまいます。

 

でもよく考えてみたら、失敗から学べることはたくさんあって、ある意味、成功よりいろいろなことが学べます。

 

  • 失敗を恐れずチャレンジしよう
  • 失敗したくなければ、チャレンジしなければいい

 

そんなことを伝えました。

石橋を叩いて渡るのは、もうやめよう。そう自分にも言い聞かせています。

 

退職して改めて感じた教職の魅力

f:id:master_asia_1969:20190319215447j:plain

教師としての仕事の魅力を改めて感じた部分があります。

 

  • 生徒も、教員も、ずっと心の中にアルバムのように記憶が残る

 

という点です。

他の企業での物やサービスを提供する職では得られないものがあって、人と人とのやり取りやぶつかり合いの中で成り立つ職業ですので、

 

生徒は教師からの(良いも悪いも)影響をたくさん受け、成長していきます。

 

改めて、教職を続けてきてよかったと思う最大の点です。

 

いろいろあったけど…終わりよければすべてよし

f:id:master_asia_1969:20190319221607j:plain

教職員としての6年間には、実に様々なことがあって、よい時もあればそうでないときもあって、思い出せばきりがないのですが、

 

生徒たちを卒業させることもできて、最後は気持ちよく職場を離れることができました。

 

先生方には感謝してもしきれない思いでして。

 

自分自身の未熟さをカバーしてもらいつつ、6年働き続けられたと考えています。

これから目指すもの

f:id:master_asia_1969:20190319213501j:plain

さて、筆者はこれから、

  • ブログとサイト運営
  • ウェブライター
  • プログラミングのコーダー

といったものに挑戦していこうと考えています。

 

ブログとサイト運営、ウェブライターはすでに開始し、プログラミングは現在学習中です。

 

教育の分野とはまた違ったところでの挑戦ですので、恐らくいろいろ失敗はします。

 

でも、そのような失敗も赤裸々にこのブログにまとめていって、人生のアウトプットをしていきたいと思っています。

 

失敗を恐れずチャレンジする。このことを胸に刻みながら。